ネットDE集客
ネットDE集客で、インターネットでの集客方法を探るブログです。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

履歴書って
今まで、転職のたびに、書いてきたけど、イマイチよくわからずに書いてきたというのが本当のところかもしれません。
こういう印象は、みんな持っているものなので、安心してください。

では、企業の立場にたった履歴書とはどういうものでしょうか?


『御社の「誰であっても、自分の意見が言え、それに対して隠したてもせずに応える雰囲気があります。」というメッセージがとても印象に残りました。それはキャリアのない新人だからこそできる発想や意見を活かせると感じたからです。

大学で専攻した市場調査の知識や留学先のアメリカの大学でプロジェクト形式の授業で養ったマーケティング・分析能力を、御社の自由な気風の中で活かせればと思っています。』 このような雰囲気の企業だからこそ、私の今までの経験と、スキルが活かせるのではないかと思います。

[PR] 履歴書ダウンロード 



報酬額に日米の資本主義に対する考えが・・
 【ニューヨーク=山本正実】米大手投資会社のブラックストーン・グループを率いるスティーブン・シュワルツマン会長兼最高経営責任者(CEO)の2006年の報酬が3億9830万ドル(約480億円)に達したことが、11日明らかになった。

 同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した新規株式公開に関する資料で判明した。

 「ウォール街の史上最高額」と話題になった米大手証券ゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファイン会長の約5400万ドル(約65億円)を大幅に上回る。報酬の面で、伝統のある米大手証券を新興勢力の投資会社が追い抜いた格好だ。

 米議会や米労働組合などには、企業経営者が受け取る巨額報酬を「もらい過ぎだ」とする批判も多く、今後、こうした批判が再燃する可能性もある。

ヨミウリニュースより


日本では、ホリエモンが1億円、グッドウィルの会長が6000万円で、もらいすぎだと批判されていますが、米国は桁が違います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。