ネットDE集客
ネットDE集客で、インターネットでの集客方法を探るブログです。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株主になるということ
日本の株主は、前々からファイナシャルリテラシーが低いといわれています。

お金ということに、なにかマイナスのイメージがあるというこの国が原因かもしれません。

お金=悪いイメージというのがつきものになっているからこそ、投資=あまりよくない行いとなってしまうのかもしれません。

そもそも、投資とは何かという根本的な議論が欠けているような気がします。

簡単に言って、投資は、お金儲け以外の何者でもありません。
しかし、この投資というお金設けの方法にも2つあります。

1つは、キャピタルゲイン
2つ目は、インカムゲイン

いまさら説明の必要もありません。
キャピタルゲインは、当たり前ですが、成長性のある企業の株に投資することで、その企業の価値(価格ではありません。)が上がり、結果的に企業の株の価格も上がります。当然、過去に投資した株価が安ければ、数年後に上がった株価との差額で儲けができます。

インカムゲインは、既に成熟期にある企業や、産業にある企業へ投資を行いいわゆる配当を狙うものです。企業はあまったお金を成熟期にある事業へ投資するよりも、配当を行ったほうが株主の為になるので、(新規事業へ投資する場合は別です。)配当を行うわけです。

しかしながら、なぜか日本では、どのステージに投資するかということは関係なく、「配当を上げろ」、「株価が下がった」という非常に迷惑な投資家がいるものです。

大体、こういったことを言う方の多くがデイトレーダーであり、根拠の無いテクニカルな売買を行っているようです。

確かに、ローソク足や、ボリンジャーバンドなど、短期的には、トレーダーの心理的要因で動くこともあるかと思いますが、実際に企業価値(価格ではありません。)を評価をして、投資を行うほうがはるかに安全で利回りもよいはずです。

しかしながら、企業価値評価を行うのは、容易ではありません。ファイナンスの知識、企業の強みなどを見抜くマーケティング知識、経営陣の人格、将来性などあらゆる面を分析する必要があり、なかなかテクニカルのように、1週間で○○万円儲かったとはいきません。

だから、安易な ノウハウ本や、金融情報走る人がいるのでしょうが・・・

しかし、企業の株を買うということは、買った側にも、一定の責任はあるはずです。こういった投資家の責任もふまえて日本がもっと良い投資が増えることを期待したいですね。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shirahu04.blog108.fc2.com/tb.php/3-4c3928c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。